なぜポピュリズム?


TRUMP: ポピュリズムをテーマにしたアゴラの最新号では、ドナルド・トランプはXNUMXつのバリエーションで登場します。非常に個人的なバージョン(彼が所有するほぼすべてのものを借りている)と、ポストモダン米国の愛国的なリーダーです。

アゴラは間違いなく、私の目には王国で最高の雑誌です。 そして、雑誌にはめちゃくちゃ素晴らしいサブタイトルがあります:「形而上学的な推測のためのジャーナル」。 第1〜2号は「ポピュリズム」に関するもので、いつものように600ページを超えていますが、この号は、アゴラのすべての号と同様に、「ポピュリズム」のトピックだけではありません。 雑誌には、ポピュリズムについて、そしてボブ・ディランやシグムンド・フロイトからシンメルまでのすべて、そして1000年にわたるフランスの文学についての多くの本のレビューもあります。

指導の序文は次のように述べています。「それにもかかわらず、アゴラのこの問題は、ポピュリズムが現在の政治状況を理解するために意味があるだけでなく絶対に必要な概念であるという前提に基づいています。」 この出版物は、社会科学、歴史、政治理論の新しい文献に基づいています。 序文はまた、貢献の多くが「広義には、人口主義研究における修辞的転換と呼ぶことができるもの」によって特徴付けられると述べています。 […]人々とエリートの間の反対に基づく特定のタイプの政治的レトリック»。

En annen forutsetning for dette nummeret er at «populismen ikke kan sees uavhengig av den historiske kontekst». I mange av bidragene lar bare fremveksten av populisme de siste årene seg «forstå i lys av den politiske situasjonen i Vesten, preget av en nyliberal konsensus, økonomisk stagnasjon, økende klasseforskjeller og et økende demokratisk underskudd». Her antydes det heller at i stedet for å snakke om populisme vil de skrive om «populismer» – som også gjelder både såkalt venstre- og høyrepopulisme …

親愛なる読者。 15以上の無料記事を読んだので、購読を依頼することができます サブスクリプション? その後、NOK 69のすべて(雑誌を含む)を読むことができます。

あなたも好きかも関連
推奨

EnglishNorsk