冠状動脈ワクチンを喜ぶ理由はありますか?

コロナ危機の陰でのワクチンの強制

対応サービス: Hvor langt er myndighetene villige til å gå for å få befolkningen til å lystre, følge helseråd og ta coronavaksinen? I Norge og Sverige er vaksinen frivillig, mens danskene vil kunne bli tvunget til å ta den. Fra offentlig hold ytres det i dag ingen reell skepsis til vaksinen – man anbefaler vaksinering.

汗まみれの体育館の匂いがして、神経質なクラスメートが結核に対するBCGワクチンのワクチン接種を受けるために並んでいるのを見たのは何年も前のことです。 私が住んでいた場所では、ワクチンに対する懐疑論は70年代には大きな問題ではありませんでした。 現れ、ワクチン接種を受け、完了します。

今日、新しいワクチンについて懐疑的な質問をする人は誰でも、陰謀論者や、地球が平らで月が断崖に着陸すると考えるホイルハットを持つ人々と同じカテゴリーになります。 塹壕はこれまでになく大きくて深く、穏やかなインデックスフィンガーを空中に置いて傍観者に立ち、これは安全ですか?

著者、哲学者、人類学者のTrond Skaftnesmoは、あえて質問をします。 彼は受け入れられた真実と矛盾し、本で不人気になった見解を調べるのが好きです 人々の敵 (2012)XNUMX人の物議を醸す研究者Andrew Wakefield、Olle Johansson、ArpadPusztaiについて。

Skaftnesmo:ワクチンの捕獲彼の新しい本で コロナ危機の陰でのワクチンの強制 彼は、当局や製薬業界に対する彼の根底にある懐疑論を隠すことなく、質問の手を別のハチの巣に突き刺します。 コロナパンデミックが発生したとき、ソース満載の本、334ページのさまざまな品質の265のソースはほぼ完成しました。
。 。 。

親愛なる読者。 15以上の無料記事を読んだので、購読を依頼することができます サブスクリプション? その後、5 euroのすべて(雑誌を含む)を読むことができます。

-広告-
リル・コレ
KolleはNyTidの編集長です。

あなたも好きかも関連
推奨