コロナナット


PROSA POETRY:流行の危険にさらされている私たちまたは私たちのどこに、私たちの考えは何ですか コロナウイルス?

Carneraは、コペンハーゲンに住んでいるフリーランスの作家です。
Eメールアドレス: ac.mpp@cbs.dk
公開日:2020-03-12

私はどこにも行かない。 その間の理解できないほど静かな場所。 そのまま良いです。 適所に落ちることなく。 大丈夫じゃなくて 何が欲しいのか、何が私に利益をもたらすのか分からない。 はい、よく知っています。 明確にするために存在するもの。 あいまいさがすべてに忍び込んでいるので、これを追跡するのは決して簡単ではありません。

呼び出し信号、さらに信号が来るのを待っている送信信号。 私は物事が存在すると思う方向に曲がります。 暗い背景に手がサインをします。 腕と脚を横に伸ばした。 存在しないものを掴むような奇妙な祈り。 両手で持っているボウルのように。 水を落とさずに開きます。 手は運び、背中は運び、粘土は運びます。 波打つまで。 私は水にしがみつくことができません。 誰も水につかることはできません。 それは端を走ります。 Vandet。 Vinterregnen。 コールド信号アーン。 感染ポーター。


親愛なる読者。 あなたは 加入者 (SEK 69 /月)今日より多くの記事を読みます。 サブスクリプションをお持ちの場合は、明日またログインしてください。


閉じる